上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近やっと被災地でも小さな卒業式が行われているニュースを見ました。
津波に襲われた校舎から先生が探し出し、丁寧に泥を落として手渡された卒業証書。
受け取った生徒は「宝物にします」と笑顔でした。
胸が熱くなりました。

2011年3月12日。
そう大震災の次の日です。
kanoちゃんが通った保育園の卒園式が行われました。
亡くなられた方々への黙とうから始まった式。
こうして普通の生活が送れていることが奇跡のように思え、自分が生かされているんだなということを改めて感じました。
すべての事に感謝して大切に生きていこう。。。

DSCF1196.jpg

たくさんの先生方、友達に支えられ通った2年間でしたが、
2歳の頃から隔週、未就園児童のクラブに3年間通ったので、本当に小さい頃からお世話になった保育園です。
担任ではない先生もすぐに名前を覚えてくれて、「kanoちゃん♪」と優しく声をかけてくれました。
本当にこの保育園に通えてよかったと思います。


担任の先生に名前を呼ばれ、お母さんへひと言。

「お母さん、いつも絵本買ってくれてありがとう!」
いつもの笑顔で言ってくれました。

毎日泣いていたのが嘘のように、誇らしい態度で卒園証書を受け取りました。
本当に心も強く、大きくなったね。

DSCF1212.jpg

先生とのお別れ。。。

DSCF1233.jpg
お花を渡して先生にぎゅ~っと。
kanoちゃんは平気な顔をしていましたが、先生は涙涙。。。もちろんそれを見る私も。。。

年長になると毎月たくさんの行事があった1年間。
運動会での鼓笛隊、音楽発表会や生活発表会。。。
慣れない楽器の練習に、泣いてしまったこともあったそうです。
保育園に「行きたくない。。。」という日もありました。
毎日疲れ切って、夜布団に入るとあっという間に寝入っていました。

でもすべてやりきった時の表情は本当に輝いていました。
一つ一つの行事を終えるたびに、大きく成長してくれたと思います。
本当に頑張ったこの1年で急成長したkanoちゃん。
春からは大きなランドセルをしょった一年生です。
新しい学校、新しい友達、新しい先生と出会い、新しいスタートを切ります。

心配なこともたくさんあるけど、お母さんはいつもkanoちゃんを応援しています。
本当に卒園おめでとう!!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。