上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう3月が始まりました。
作品つくりも大体落ち着いてきたのと、イベントまでもうすぐなので
teshigoto-tenにむけて、色々と必要なものを揃えに買出し。
昨日はkouさんがお休みだったので、3人で天神へ行きました。
2人(かのちゃんと私)で行くのは本当に疲れるので久しぶり
いつものnatural plentyでディスプレイ用のかごやそれに使えそうなものを少し。

革製品を扱っているお店で、作品に付けるホックを打ち付ける打ち具をやっと見つけて買いました。
これでやっと仕上げができるよ

それにしても私って今まで2社でしか働いたことがないものの、どちらとも接客業だったので、店員さんの態度がどうも気になる。
(やめてまでも職業病と言うかな?)

このお店で最初に私が声を掛けた店員さんはとても良かったんだけど、
その人が連れてきた詳しい人がどうも良くなかった

私「(持参した金具を見せて)これだったらこの打ち具でしょうか?(自分である程度探してから呼んだので、大体は選んでいたものを見せて)」

店員「それじゃ...(ないと言いたげ)」カタログをひたすらめくる。

私の話を聞こうともせず、何かを探す..........

しばらくして
定員 カタログを指差して「今ないですね。」と一言。

案の定私が欲しいほうではないものを探していて、

私「それじゃなくってこっちだからこの打ち具じゃないかなと思ったんですけど。」

店員「そうですね。」

か~っ呆れました。
最初に私が聞いたときに持っている打ち具を見たら、何を探していたか分かっただろうに...。
何が嫌って上から目線なのが一番嫌。

結局彼女はそのまま去って行き、最初の店員さんは再度戻って来て
「分かられましたか?」ときちんと確認しに来て、自分がわからなかったことをしっかりと確認していきました。

これが伸びる人とそうでない人との分かれ道なのだと感じたのでした。


愚痴になっちゃってスミマセン


帰って飾ってみました。
一部です

狭い机なのでごちゃごちゃでした
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。